デリバリー系小売業における業態ごとの売上要因分析と売上予測の仕組み構築

クライアント 大手のデリバリー系小売業
課題 出店拡大しているが、新規出店の予測精度が低い。
デリバリーだけでなく、新しいスタイルにチャレンジしているが、売上要因がわからない。
実施事項 既存店の全店実地調査
既存店の売上要因分析
デリバリー(小売)と店舗(外食)の両面から売上予測モデルを作成
営業関係者にロジックと共通指標の研修
期間 約12ヶ月(以降も継続的に実施)

コンサルティング事例TOPに戻る

見出し画像 お問い合わせ

当社のコンサルティングに関する
ご相談やお問い合わせはこちらまで。

TEL:03-5833-8588

FAX:03-5833-8589

フォームでのお問い合わせ

リンク画像 お問い合わせフォームへ
リンク画像 アクセスへ

画像 上矢印アイコンページ先頭へ