外食業の既存店売上要因分析と新規出店の売上予測の仕組み構築および運用支援

クライアント 和食系の中価格帯ファミリーレストランチェーン
課題 近畿圏を中心に店舗展開しているが、現在力点を置いている東京の市場がわからない。
担当者の勘や経験で出店しており、組織としての指標がない。
実施事項 既存店の実地調査
既存店の売上要因分析
新規エリアにおける既存店の事実データと周辺環境からの仮説出し
売上予測の仕組み構築
導入・運用研修
期間 約12ヶ月(以降も継続的に実施)

コンサルティング事例TOPに戻る

見出し画像 お問い合わせ

当社のコンサルティングに関する
ご相談やお問い合わせはこちらまで。

TEL:03-5833-8588

FAX:03-5833-8589

フォームでのお問い合わせ

リンク画像 お問い合わせフォームへ
リンク画像 アクセスへ

画像 上矢印アイコンページ先頭へ