小売業におけるブランドごとの売上要因分析と出店判断基準の設定支援

クライアント 大手百貨店が独自展開するアパレルブランド
課題 数的根拠なく出店した結果、不採算店が増えている。
どういう視点で出店を判断すべきかがわからない。
実施事項 既存店の実地調査
既存店の売上要因分析
ブランドごとの売上要因分析結果に基づき、出店判断基準を設定。
期間 約3ヶ月

コンサルティング事例TOPに戻る

見出し画像 お問い合わせ

当社のコンサルティングに関する
ご相談やお問い合わせはこちらまで。

TEL:03-5833-8588

FAX:03-5833-8589

フォームでのお問い合わせ

リンク画像 お問い合わせフォームへ
リンク画像 アクセスへ

画像 上矢印アイコンページ先頭へ