外食業における売上予測の仕組み構築と自社競合度の分析支援

クライアント 全国にフランチャイズ展開しているファストフード系外食チェーン
課題 出店拡大したいが、自社店舗間での競合度合がわからない。
売上予測の仕組みが属人的で、社内の統一指標になっていない。
実施事項 既存店の実地調査
既存店の売上要因分析
売上要因分析に基づいた売上予測モデルの構築
売上要因分析に基づき、周辺の立地・商圏状況との関連性を分析
立地・商圏の状況や既存店との距離によるインパクト試算モデルを作成
期間 約12ヶ月(以降も継続的に実施)

コンサルティング事例TOPに戻る

見出し画像 お問い合わせ

当社のコンサルティングに関する
ご相談やお問い合わせはこちらまで。

TEL:03-5833-8588

FAX:03-5833-8589

フォームでのお問い合わせ

リンク画像 お問い合わせフォームへ
リンク画像 アクセスへ

画像 上矢印アイコンページ先頭へ